東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 - 機械振興協会経済研究所

機械振興協会経済研究所 東南アジア 企業動向

Add: calohuh21 - Date: 2020-11-30 09:58:38 - Views: 4777 - Clicks: 7982

中国・東アジア諸国の産業・企業動向 フォーマット: 図書 責任表示: 機械振興協会経済研究所編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 機械振興協会経済研究所, 1995. 光と影 - 海外進出企業10社の軌跡 - 機械振興協会経済研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2 形態: 333p ; 22cm 著者名: 村田, 翼夫 書誌ID: BAISBN:X.

職種別賃金は、ジェトロ海外調査部発行の「年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査」および同調査「‐中国編‐」から転載した。 また、現地通貨の対米ドルレートは、原則として年1月7日付のインターバンクレートを採用した。. 世界経済の停滞を受け、輸出の低迷が続いている。財務省が18日発表した貿易統計によると、8月の日本の輸出は中国向けが6カ月連続で減少した. 機械振興協会経済研究所 日外アソシエーツ 日外. 尾高煌之助編著(1989)『アジアの熟練』アジア経済研究所 1989年 6. 東南アジア諸国の国民統合と教育 : 多民族社会における葛藤 フォーマット: 図書 責任表示: 村田翼夫編著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 東信堂,.

中国経済展望 (日)( 日本総合研究所 ) (日・英) 中国経済の現状と展望、政策動向を月1回の頻度でレポートを掲載。 経済レポート (日) (三菱ufjリサーチ&コンサルティング ) (日・英) 「中国経済レポート」「アジア経済概況」などを掲載。. 中国の台頭とアジア諸国の機械関連産業 -新たなビジネスチャンスと分業再編への対応- 大原 盛樹 編著. 19 岡奈津子研究員が第15回「樫山純三賞《一般書賞》」を受賞しました。. 85/94 海外文献抄訳集 3. クし、日台企業の東南アジア等第三国市場における産業協力の新たなビジネスモデルを提示して いくことを目的として実施した。 目標①:東南アジア市場等における日台企業間の連携の可能性の高い国・分野を特定する。. rieti(独立行政法人経済産業研究所)とは。 rietiは、年に設立された政策シンクタンクです。理論的・実証的な研究とともに政策現場とのシナジー効果を発揮して、エビデンスに基づく政策提言を行うことをミッションとしております。. 「東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向85/94 」機械進行協会経済研究所 日 海外文献抄訳集3 。月刊誌「hsk scanner-産業企業海外情報」に収録された海外 の記事の抄訳3056件を産業一般と各業種に分けて再編集したもの。 ・産業一般: タイ 61-84p. 東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 85~94 (海外文献抄訳集) (日本語) 単行本 – 1995/7/15 機械振興協会経済研究所 その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする.

機械振興協会 経済研究所 低価格自動車市場におけるモノづくり革新 ~インドにみる日本自動車産業のテイクオフ~. アジア諸国の企業法制 フォーマット: 図書 責任表示: 谷川久, 安田信之編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所 東京 : アジア経済研出版会 (発売), 1983. 2 【要予約(詳細は本文)】アジア経済研究所図書館は、平日および第1・第3土曜に来館サービスを行います。. 東南アジア・南アジア諸国の産業・企業. 経済研究所 研究員は見た! ニッポンのキカイ事情(7):日の丸金型は東南アジアへ。再び世界一を目指す (4/4) 山本 聡/機械振興協会 経済研究. アジア経済研究所 動向分析部研究主幹 9年3月25日: 環日本海経済セミナー 「環日本海経済圏の動向=進出企業の現状と展望」 ①基調講演「日本経済と環日本海経済圏の動向」 ②パネルディスカッション「進出企業-中国を中心に-現状と展望」. 中国、東南アジア諸国、インドのit革命の実態を紹介しつつ、アジアの経済と産業がどういう方向に向かっているのかを検討する。 司会 丸川知雄(東京大学社会科学研究所) *大木登志枝(日本総研IT政策研究センター)「アジアにおけるitの経済効果」.

3 形態: 560p ; 22cm 著者名: 自転車産業振興協会 書誌ID: BN01563820. 今岡日出紀(1987)「アジア諸国の熟練形成と日本企業の役割」(アジア経済研究所『アジア経済』1987年10月号 所収) 4. 中国・韓国・アジア諸国の産業統計データ集 フォーマット: 図書 責任表示: 日本能率協会総合研究所編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 生活情報センター,. 3 形態: 696p ; 25cm 著者名:. アジア諸国の労働経済 : 関連文献集 フォーマット: 図書 責任表示: 日本労働協会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 日本労働協会, 1976 形態: 213p ; 26cm 著者名: 日本労働協会 書誌ID: BN01918041. コンサルタント企業リスト n o 【会社名・企業概要】 ①所在地 ②セールスポイント 【oda事業について】 ①得意な対象国・地域 ②得意な分野 ③海外展開支援における実績 ④本事業の担当窓口 1 一般社団法人 アジアビジネスマッチング支援協会. 経済事情、企業情報、業界動向などを調べるためのサイトをご紹介します。各国の経済関係省庁のサイトでも、調査レポートや統計を見ることができます。「機関から探す > 行政機関」をご覧ください。 南アジア全体 / South Asia.

「国内機械産業の中国・東南アジア地域での公共事業(水道産業)への進出支援」 「機械製造業の対ベトナム投資及び日系企業等の活動状況調査」 「研究開発ファイナンス型ビジネスモデルの構築を! ---. 機械振興協会経済研究所 のおすすめ作品. 岡本康雄編(1998)『日系企業in東アジア』有斐閣 1998年 5. The Institute of Developing Economies (IDE) aims 東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 - 機械振興協会経済研究所 to make intellectual contributions to the world as a leading center of social-science research on developing regions.

6 形態: iv, 332p ; 22cm 著者名: アジア経済研究所 シリーズ名: 調査研究報告双書 ; 第6集 書誌ID: BN12807596. 省力化のためのフルイディクス応用回路集 - 機械振興協会 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. アジア諸国資料調査 フォーマット: 図書 責任表示: アジア経済研究所編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : アジア経済研究所, 1960. 3 形態: 317p : 挿図 ; 30cm 著者名: 日本能率協会総合研究所 書誌ID: BAISBN:.

1958年:財団法人アジア経済研究所設立。初代所長は東畑精一、理事長に小林中(日本開発銀行総裁)。 1960年:通商産業省(現:経済産業省)所管の特殊法人アジア経済研究所設立。機関誌『アジア経済』創刊。 1963年:経済協力センタービル竣工、移転。. 中国・東アジア諸国の産業・企業動向 - 85/94 - 機械振興協会経済研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 7 形態: 623p ; 22cm 著者名: 機械振興協会経済研究所 シリーズ名: 海外文献抄訳集 ; 2 書誌ID: TKISBN:. 中近東諸国の産業・企業動向 - 85/94 - 機械振興協会経済研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 85~94 (海外文献抄訳集) (日本語) 単行本 – 1995/7/15 機械振興協会経済研究所 その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする. 自転車の一世紀 : 日本自転車産業史 フォーマット: 図書 責任表示: 自転車産業振興協会編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 自転車産業振興協会, 1973. 東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 - 85/94 - 機械振興協会経済研究所 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。.

東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 - 機械振興協会経済研究所

email: inegy@gmail.com - phone:(731) 488-4557 x 2921

萬鉄五郎 - 万鉄五郎 - 旧石器時代の日本列島と世界

-> 日商簿記検定過去問題集3級出題パターンと解き方 2000冬春 - TACクリエイティブ室
-> 国語教育実践理論全書 新しい詩教育の理論 - 足立悦男

東南アジア・南アジア諸国の産業・企業動向 - 機械振興協会経済研究所 - さとう輝


Sitemap 1

一級 ボイラー技士試験 攻略問題集 - 南雲健治 - 分de名著 スピノザ 國分功一郎